引越し業者をどうやって決める?について

引越し業者ってどうやって決めれば損をしないのか

引っ越しは荷物整理ができる機会

ゴミ捨て場.jpg

引越し 衣装ケース 料金の相場は?

引っ越し作業は毎回大変だと感じますが、溜まりに溜まった荷物整理にはもってこい機会だと思いながら引っ越しを楽しむようにしています。せっかく引っ越しをするなら楽しまないと大変なだけになってしまいます・・・。貴重な新しいスタートを切れる機会なので、それを有効に利用したいと引っ越しの度に思うようになりました。

昔は引っ越しが大嫌いでした。お金がかかるし、家の中に他人がズカズカ入ってくるし、わたしは引っ越しするくらいなら多少住んでいるところに不満があっても住み続けることを選んできました。どうしても引っ越さないといけない場合だけ仕方なく引っ越しをしてきたのです。

家の中を他人に見られることに抵抗があるのはいまでも同じです・・・。自分の部屋に他人が大勢入ってくるのはやっぱり好きではありません。だけど、そんなことをいつまでも言っていてはいけないと考え、引っ越し業者を利用しています。

いまでは、引っ越しの機会に不要なものを整理できる!と前向きに捉えることができるようになりました。引っ越し業者が不要なものを片付けてくれることもあります。そういうサービスを利用するのも引っ越しを好きになるポイントかな~なんて思っています。

初めての一人での引っ越し

私は前はずっと家族と一緒に暮らしていきたいと思っていたんですが、
思っていたよりも遠くの会社に就職が決まってしばらくは実家から頑張って通ったものの、
結局満員バスに満員電車の毎日に耐えられなくなり引っ越しをする事にしました。
そしてそれは私の人生初めての一人暮らしになったので、引っ越しも一人で頑張る事になりました。
be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_s.jpg
一人の引っ越しだから荷物も少なくて楽かなぁと思っていたんですが実際はそうではありませんでした。
思っていたよりも持って行きたい荷物が多く、結局引っ越しやさんに頼まないとダメだと気づきました。
そこでとりあえず有名な引っ越しやさんに電話をしてみたんですが、想像の何倍も高かったので諦め、
他の引っ越しやに電話をしたりしました。

ですが結局有名なところはどこも予算オーバーで利用する事ができず途方にくれてしまいました。
そこでネットで情報を探してみたところ、一人暮らしの引っ越しにぴったりな業者があるとわかりました。
とはいえ、全然知らない会社でテレビのコマーシャルで見たこともなかったので正直不安がありましたが、
問い合わせてみたところとても感じが良かった上、本当にかなり安かったのでそこに決めました。
そして当日は本当に良い働きぶりを見せてくれて満足できる引っ越しとなりました。

人生最初の引越し

私はかなりの回数引越しを経験していますが、いちばん思い出に残っているのは私がまだ二十歳前のころにはじめて引越しをしたときの甘酸っぱい経験です。

a0c2b80fa031342a17c03fdd51b95bb7_s.jpg

その頃わたしはまだ高校を卒業したばかりで卒業と同時に一人暮らしをはじめました。私には学生時代からお付き合いをしている彼女がいてその一人暮らしを始めたと同時に自然とそこで同棲生活がはじまりました。若いころは学生から社会人になりいきなり自由を得た感じでそれはそれは何をするにも楽しいというか好奇心を刺激するものばかりで毎日が輝いていました。そしてそんな生活が2~3年続いたでしょうか。若かった私たちは別れることになりました。そして私は仕事の関係で住んでいた部屋を引っ越すことになりました。引越しの荷造りをしていると全ての荷物に短いながらもそこで過ごした思い出が何かしら詰まっているもので今までの2~3年間の色々な場面ががまさに走馬灯のごとく思い出されて荷造りの手が度々止まった記憶があります。そして壁に掛けていた彼女との写真を外そうとしたときにすごく時が流れてゆく虚しさや悲しさを感じたことを覚えています。それからそうとうの月日が経ちましたがその最初の引越しが数ある引越しの中でもいちばん思い出深い引越しの思い出です。

ワンルーム 引越し 料金はこちらも参考に!

引越ししたのに後悔しました

以前は古くて、狭いアパート暮らしだったのです。それも嫌でしたが、何よりも別れた彼氏が住んでいたから離れたかったのです。そのために引越しをしました。私は元彼に浮気をされたのです。それが原因で別れたのに、同じアパートに住んでいたので、よく顔を合わせていました。とても嫌な思いをしていたので、思い切って引越しをしたのです。

7049d21f365f6c1656d5509bc1f7c0d6_s.jpg
新しいアパートは少し新しくて、部屋数が一つ多かったのです。引越し当日はとても嬉しかったです。それなのに、挨拶に言ってびっくりしました。なんと隣りには、三年前に付き合っていた元彼が住んでいたのです。しかも奥さんと子どもまでいたのです。
顔を見た時、気まずくなりました。でもいたって普通に挨拶をして、奥さんに品物を渡して逃げるように帰ったのです。家に入って、とてもドキドキしました。まさかここに住んでいるなんて、もちろん知らなかったのです。本当に偶然だったのです。
でも私今でも元彼の事を好きなのです。嫌いで別れたのではありません。お互いその時は仕事が忙しくて、仕事に夢中になっていたので別れたのです。それが一番良い方法だったのです。
でも落ち着いた時、やはりまたやり直したいと思うようになったのです。でもその時にはもう連絡はとれませんでした。
その元彼がいたのです。しばらく眠れそうにありません。

引っ越しで失敗したこと

de96a3421556400001ad9a440087562c_s.jpg

私は最近一人暮らしを始めました。自己都合の引っ越しだったので、時間はたっぷりありました。なので、細かい条件を挙げて妥協せずに家探しすることにしました。ただし、すべての条件を完全に満たすことは難しいので、上から順に優先順位をつけて選びました。
比較対象として木造アパートや線路の目の前に立つマンションなど、色々な物件を内覧しました。引っ越しの期限はなかったので焦らず探すことができました。ただ、いつまでもダラダラ探しても出てくる物件は限られているので、決める所はすぱっと決めるように心がけていました。
最終的に3つの物件に絞ることができました。一つ目の物件は、最有力候補のマンションです。築年数は古めですが、それ以外の条件は完璧でした。広さも1DKで部屋が8畳ほどあり、大きな洗面台もありました。ただ、人気物件すぎて内覧すら予約できませんでした。前の住人が退居する当日に内覧を予約したのですが、内覧せずに契約する人がいたため、内覧が叶わなかったのです。とても残念ですが、内覧せずに契約するというのは私にはできませんでした。
二つ目の物件も、築年数の古さと日当たり、エレベーター以外は完璧でした。リノベーションなので建物は古いのですが、内装はとても綺麗で部屋もとても広かったです。1DKでダイニングだけでも6畳ほとありました。2階と4階が空いていたのですが、2階はマンションの目の前ギリギリに建物が立っていたので日当たりが悪く、4階はエレベーターがないので腰痛持ちの私には無理でした。家賃も5万ちょっとでとても安かったのでかなり惜しい物件でした。
三つ目が、今私が住んでいる物件です。ここは部屋が6.4畳と狭く、道路を挟んで高架があるので電車の音がよく聞こえます。しかし電車の音は周期的なので住んでいるうちに慣れると聞き、この物件に決めました。また、インターネットが無料なのと、家賃が5.7万と安かったのも決め手でした。
ただ、実際住んでみないと分からないことも多いです。一番失敗したなと思ったのは、壁が薄いことでした。鉄筋コンクリート製なので高架が近いので外からの防音対策はしっかりされているのですが、部屋と部屋の間の壁がものすごく薄いのです。両隣りも人が住んでいるのですが、左右で壁の厚さが異なり、特に薄い方の部屋には大学生の女の子が住んでいます。たまに夜中の2時まで女子会をして手を叩きながらゲラゲラ笑っていますし、彼氏が週に2回は来ているのですがその彼氏も本人も大声で喋っています。また、一人でいる時も窓やサッシをこれでもかという強さで開け閉めしています。カーテンもものすごい勢いで開け閉めしています。平日の0時頃にベッドの中でうとうとして眠れるかなという時に窓をびしゃっと開けられて飛び起きたこともあります。反対側の人は静かですが、それでもくしゃみが丸聞こえです。鉄筋コンクリートだということに安心しきったのと、電車の音ばかり気をとられて壁を叩かなかったのを後悔しています。しかし何だかんだ言っても住めば都。料理を楽しんだり、彼氏を呼んだり、意外と快適に楽しく暮らせています。

大型家電 引越し 料金っていくらぐらいか知っていますか?

 

引越し業者をどうやって決める?カテゴリー項目一覧

し業者の選び方

し遍歴

で引越し