引越し業者をどうやって決める?について

引越し業者ってどうやって決めれば損をしないのか

格安引越しの業者が注目されている

1beda32679488e10d9ecb5e92f33e7cd_s.jpg

最近はネットで引越しの情報をチェックすると、かなり格安で引越をしてくれる業者に注目が集まっていることが分かります。それはワンコインで引越しをするという業者です。

ワンコインとは、500円の事であり、この金額で引越しを承る業者があります。ただ、これにも当然ウラがあり、引越しを依頼するのと同時に引越し先のインターネット回線を契約する必要があります。

光回線を契約することによって、その費用を引越し費用に回すという考え方になります。光回線を契約すると、毎月6千円から7千円程度のコストがかかってしまいます。この状態で三年ほど契約を維持する事ができれば、20万円以上のネット回線費用が必要になるのです。

その三年間に解約をしないという約束をすることによって、ワンコインで引越しをするというサービスになります。将来的に20万円以上支払う必要があるので、引越し業者としてお得であるのか判断が迷うところになりますが、光回線を使用する予定であれば問題無い部分でもあります。

このあたりは計算が難しくなるので、ネット回線を安く契約ができる見積を自分でやってみる事です。ネットのインターネットプロバイダのコストの比較が出来るサイトがあり、そこでベストな価格を出して比べてみることです。

一人暮らし 引越し 最安値の業者の探し方

大手引越し会社の無料サービスがすばらしい

引越し業者においては、家電買取の専門店に買取の手続きを依頼する作業を無料でやってもらえる業者があります。また、CDやDVDなどの買取ショップの査定の見積書を作成してもらえるサービスもあります。

また、電力会社などに手続きをして、新居で電気の開通手続きをやってもらえることも可能です。それ以外には、NHKの住所移転手続き、郵便局の郵便物の転送手続きなども依頼する事が可能になります。
引越し1.jpg
これらの手続きをまとめてやってもらえるサービスがあるので、大手の引越し業者は中小の業者よりもサービス内容がかなり充実しているのです。

引越し業者を選択する時には、価格を最優先とすることは間違いありませんが、それ以外の細かなサービスを比較していくと、引越しの作業段取りを大幅に軽減できたりします。

引越し業者を選択する時には、ネットの業者を比較するサイトが役に立ちます。自分の住んでる地域の情報を入力して、目当ての業者の価格を出すことが可能です。

ただし、この金額は概算の金額となり、実際に引越し業者の見積担当者が来て全ての道具をチェックすると、ネットの比較サイトで出た数字よりもかなり安くなる可能性もあります。このあたりは、家の中にある物の量によって大きく増減します。

引越しをするときのコストを重要視する

ダンボール1.jpg

引越しをするときには、家財道具を段ボール箱に梱包する必要がありますが、この梱包作業にはかなりの時間がかかってしまうので、引越しを予定しているかなり前の段階から作業を始めることが重要となります。

引越しは、自分で全ての作業を完了する自前での引越し作業と、引越し業者に依頼する方法がありますがコストを最重要するのであれば、自分で全てやった方が断然にお得になります。

その場合に重要になってくるのは、大きな家具類を移動する為のトラックを用意できるかどうかです。大型家具 配送では家具類は寝かすことが可能ですが、家電製品の中で冷蔵庫に関しては寝かせると問題が生じるので、最低でも斜め状態で搬送する必要があります。

その様な事があるため、屋根のある車両に冷蔵庫を積載することが難しい状況があります。その為、屋根がない軽トラックで会ったり、運送専門の1トン車以上のトラックが必要になってきます。

この車両を、プライベートの知り合いなどで手配することができるかが重要になってきます。これができない場合にはレンタカーなどで借り入れることができますが、観光客向けのレンタカーのお店は非常に高いので、地元の建設業向けのリース会社などでチェックして安いトラックを探してきます。

引越の相見積もりが常識である

春先には引越しの依頼が殺到してしまうので、引越しをする予定が決まったら早めに見積もりを取って作業を完了する考え方も重要です。
79939916c9dbaf8fc1f9a432b3fcb0a2_s.jpg
卒業や入学シーズンになると、新たな生活を始める人が増えてくるため、新居を構えて引越しを考慮する人が増えます。仕事や学校に通うためにその場所に移動する必要が必ず有るため、引越し費用が高くても依頼する人が多くなります。

そのような時期に引越しをすると、引越し業者に支払う費用は高くなってしまう可能性があるので、時期をずらす考え方が重要になります。1月近辺で引越しを依頼する考え方と、4月を過ぎたあたりにゆっくりと引越しをする考え方です。

この時重要なのは、引越しの相場よりも高い金額で引越をしてはいけないと言うことです。ピークのシーズンを外しているので一般的には引越しの費用は安くなる傾向があります。

その安くなった金額を見積もりを取ってから、他の引越し業者の見積もりと相見積もりの状態にします。このような段取りで作業をしていく必要があるため、最初の引越しの見積もりを取った段階で決定しないことが重要となります。

見積もりの金額はある程度ネットの情報などで想定できるので、更に安い業者があることを最初に知っておくことが重要になります。

割れ物運搬時のトラブルを避ける為には

食器2.jpg

引越し 単身 格安 大阪について

これだけしっかり梱包していれば大丈夫だろう、と高をくくって積み込んだ引越しの荷物だったものの、到着した引越し先で荷を解いてみると中の割れ物が動きまくって大半が割れてしまい、散々な結果に終わる・・という様なパターンを周囲から聞くケースが良くあります。
私自身があまりその様な失敗をした事が無いので詳細は分かりませんが、おそらく緩衝材が不足していたか、その詰め方がルーズで空間が空き過ぎていたかの理由で運搬中に中の割れ物が激しく動いてしまい、収納されていた物同士でぶつかり割れてしまったのでしょう。
ダンボール箱の中にしっかり密に詰めていれば問題は無い筈なのですが、力の無い女性が梱包する時は得てして押し込む力不足からか、割れ物の隙間を埋めるべき緩衝材の量が足りず、箱の中でしっかり割れ物が固定出来ていないケースが多いのです。
最近でこそ柔軟性に富み様々な間隙にフィットする発泡スチロール片の緩衝材が出回り始め便利になったものですが、それ以前は一般の人が簡単に利用出来る緩衝材と言えば新聞や雑誌を丸めたものしか無く、人によっては上手く丸めたり密に詰め込めなかったりしてかなり不便が伴っていたのは事実でしょう。
割れ物の梱包にあまり自信が無いのであれば、同じ箱に梱包する数量を減らし相対的に緩衝材の量を増やしたりする等の対策が意外と功を奏するものです。

引越し業者をどうやって決める?カテゴリー項目一覧

し業者の選び方

し遍歴

で引越し