引越し業者をどうやって決める?について

引越し業者ってどうやって決めれば損をしないのか

実家暮らしから一人暮らしへ

どれくらいかかるか気になりませんか? >>> エレクトーン 運送 相場

1年前、私は実家の戸建に住んでいたのですが、貯金が溜まったので引っ越しをすることにしました。

女性 リラックス10.jpg
物件を探すのには相当時間がかかりました。
最初はネットで探していたのですが、友人から実際に足を運んで不動産会社へ行った方が良い物件が見つかりやすいという助言を受けて、何軒もハシゴをする日々が続きました。
その期間は仕事以外の時間は不動産会社へ足を運んでいたのでかなり疲れました。
そして3件、家賃も間取りも日当たりも良い物件を絞りこみ、実際に見学しに行きました。

1件目は壁が薄くて、となりの住人のテレビの音までも聞こえてくるのです。これでは生活に支障をきたします。
2件目は揺れがひどくて止めました。大通りに面していて、トラックが通ると地震かと思うほど揺れるのです。
そして3件目は駅から少し離れているという点だけがデメリットでしたが、それ以外は特に問題はなく、そこに決めました。


引っ越しをする際に、そんなにお金もなかったし荷物も少ないので、業者には頼まず友人を3人引き連れ、知人のライトバンを借りて荷物を運搬しました。
荷物は主に衣服や書類、CD、本、ギターなどで段ボール3つほどで済みました。
一度の行き来で荷物の運搬は終了しました。


引っ越しをしたときは開放感で一杯でした。なんでも自分の好きなようにして良いのです。
その分家事をやらなければならないのですが、そんなものは開放感に比べれば大したことありません。

現在もその物件に住んでいますが、トラブルもなく、のびのびと生活しています。
引っ越しは良いものです。そしてやはり物件探しは自分で足を運び、不動産会社へ行った方が良いです。

友人の引越しにアドバイスをしたこと

私の学生の頃の後輩が引越しをするというので、どんな状況なのか確認しに行きました。引越し当日には私は仕事が入っていて手伝う事が出来ないので、前段階で色々な事を注意しておけば大丈夫なのではないかと思ったのです。
a0001_017040.jpg
自宅を拝見してみると、それ程家財道具が多くないので、難しい引越しではなさそうでした。しかしエアコンは自分で購入したということなので、引越し前の段階で、電装業者に来てもらってエアコンを外す作業が必要になります。

もしくは、早い段階で大家さんに話をして、エアコンを置いていって良いのか確認する事が求められます。そして、ベランダにか植木などが多かったので、これを次に済む部屋に移動するかどうかを決めておく必要があります。

私の考えとしては、植木などは近くの公園に捨ててきた方が良いのではないかと思います。土を捨てるのもお金が出てしまうので、近くの山や空き地などがあればそこにまとめて捨てるか、植物をそのまま植えてしまうのです。

空き地にサボテンが入っていると、ちょっとした話題になるかもしれませんが、トラックで土物を移動するのは結構面倒な作業になります。かなり手入れした植木だと良いのですが、老朽化した鉢は見た目にも良くないので、移動するのは良くない事だと思います。

引っ越しの準備って何から始めれば?→引っ越し 荷造り 手順

引越し業者の担当者がかなり違う事

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s.jpg

引越しを依頼して作業に来た担当者が、変に愛想が良い人がいます。しっかりと笑顔を作りながら話をしてくれるので、頼みにくいことも何でも言う事ができます。そんな段取りの良い引越しが出来るのであれば、多少高くても納得出来ると思うのです。

しかし、私がこれまでに依頼した安い引越し業者の場合は、土建屋さんのような仕事に集中するような人であり、やっている事は間違っていないのですが、こちらの疑問点を聞こうと思っても、振り向きもせずにサッサと作業を進めてしまうような担当者でした。

そして、この担当者と一緒に来たもう一人の担当者は、おそらく学生アルバイトでは無いかと思うのですが、やる事が全く分かっていないようなバイト生だったのです。二人で持つときに力のいれ具合が間違っていると指摘されたり、壁にぶつかりそうなところを何度も注意されたりしていたのです。

実際に壁にぶつけたり傷をつけたことはなかったのですが、やっぱり見ていても気分が悪いし、もっと訓練してから現場に出るべきだと思います。そのようなマイナス点を考慮する必要があるので、安い引越し業者に頼むときには、細かいことを気にしないように寛大な気持ちで見守ることが大事だと思いました。

引越しをすると自分にとって大切なものがわかります

学生の頃から、何度も引越しをしています。

実家を出たのが初めての引越し、学生の間も1度、

社会人になってからは、3度ほどの引越しを経験しています。

友達にも引越しが好きなんだねとよくいわれたりします。

新しい場所に引越しをして数年たつと、

初めはちゃんと厳選して自分に必要なものだけを

部屋の中に入れていたつもりでも、

年を重ねることで趣味に合わなくなってしまったり、

思い出と化していらないものがでてきたり、

どうしてもそのいらないものだらけの中で暮らしているのが

苦痛に感じるようになる時があるのです。

ちゃんと、いらないものだけを処分できればいいのですが、

その作業中に感傷に浸ってしまうと作業がはかどらず、

結局元の場所に戻してしまうことも少なくありません。

そんな性格の私にとって、引越しは絶好の機会です。

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_s.jpg

引越しの梱包作業をしていると、自然と今の自分にとっても本当に必要なもの、

昔から捨てられず大切にしているもの、

そんな存在がハッキリと見えてくるからです。

いつものルーティーンの生活では見えてこない、

自分にとって本当に大切なものの存在を知りたかったら、

引越しに関する作業はとてもお勧めできることだと

私の体験を通してアドバイスできると思います。

引越しの手続きを簡単にするには→引越し業者一括 くらべる、君

事務所の引越し

880eb548dc37c50cc8c03ab5e3f15b88_s.jpg

私の主人は、パソコンひとつで仕事をしています。

今までは自宅で細々と仕事をしていたので、

私も時々仕事を手伝っていたりしたのですが、

赤ちゃんが生まれ、家が手狭になってしまいました。

仕事も軌道に乗ってきたので、思い切って事務所を借りることにしたのですが、

事務所とは言え、ひとりで仕事をしているわけですから、

そんな本格的な事務所である必要はありません。

通勤に時間がかかるのはロスになりますから、

自宅から見えている徒歩1分の賃貸マンションを借りました。

そんな至近距離への引越しですから、台車で荷物を運べばいいと思い、

業者は頼まないというので、私も引越しの手伝いをしました。

引越しに必要なものは、パソコン、プリンター、本棚と大量の書籍や書類です。

パソコンデスクは事務所用に新調し、今までのパソコンデスクは小さいので、

自宅で作業するときや、私に仕事を頼む時のために自宅に置いておくことにしました。

それなら引越しなんてすぐ完了すると思っていたのですが、

いざ引越をするとなると、事務所とは言え、いろいろなものが出てくるものですね。

ちょっと仮眠するのに布団が欲しい、

少し飲食するためにポットや食器類、ローテーブルが欲しいなど、

簡単に完了すると思っていた引越しでしたが、案外時間がかかりました。

引越し業者をどうやって決める?カテゴリー項目一覧

し業者の選び方

し遍歴

で引越し